おまけ
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
衣裳を着ての通し稽古中。
ふと振り向くと、そこは、なんともにぎやかな光景でした。 
・・・いたって普通な自分の方が違和感を覚える場所と化してます。


さて皆様。
公演が終わってからも、お付き合いいただきありがとうございました。
以上を持ちまして
「鬼の里を巡るツアー2011」稽古場日記
もとい
「金と銀の鬼2011」稽古場日記は終了となります。


次回公演は7月!
そして待望の新作!!
また劇場でみなさんと会えるその日のためにX-QUESTは舞台に立ち続けますよ!

comments(2), -, - -
公演後のキャスト紹介その8
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
もちろん、この方も紹介しますよ!

 
沖野晃司(企画演劇集団ボクラ団義/サムライプロモーション)

今回は残念ながらケガのため降板となりましたオッキーさん。
稽古場にも連日足を運んでくれ、本番中は客席からみんなの姿を見届けてくれました。
他の誰よりもオッキーさんの笑い声がみんなの耳に届いたそうですよ。

また必ずクエストの舞台に立つと約束しましたんでね。
完全復活のあかつきには、思う存分演ってもらいましょう♪
その日までお待ちしてますゼ☆
comments(0), -, - -
公演後のキャスト紹介その7
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
金銀といえば、この方なくしては語れません!

桜満役:佐藤仁美(X-QUEST) 

もう〜鉄板ですね
この役はSACCOさん以外考えられません!
(本人はコンジキ役を狙っていたようですが(笑))
抱腹絶倒の「洋風オニギリ」シーンはSACCOさんを除くキャスト・スタッフの休憩タイムだったりしまして。
中でも毎回ブースで聞き続けた某スタッフさん。
「なんか最近、妙にオムライスが食べたくなるんだよね〜」
・・・って、完全に刷り込まれてますよ!それ!!

いつか新婚若奥さんヒトミのその後を見たいと思うのは、きっと私だけじゃないはず
comments(0), -, - -
公演後のキャスト紹介その6
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
さぁ、キャスト紹介もあとわずかとなってまいりました!

続いてはこの方。
青龍役:谷口洋行

「はい。怖いお兄さんです」のセリフで登場する青龍。
初代も2代目もこのセリフとは裏腹のソフトな外見のお兄さんでしたが、ぐりさんはリアルに見た目も怖いお兄さんでしたね。(笑)
そして、ツノの2人は他のキャストより出ハケが難解でして、苦労してる姿を何度も見かけました。

そんなぐりさんの相方だったのがこの方。
 
紅龍役:横内亜弓(山田ジャパン)

今回トクさんから「キレイなお姉さんなカンジで」という指示を受け、役作りの為に美人メイクの本を買って勉強してくれました亜弓と書いてあみです。
(・・・つけまつげで、せっかくのメイクが隠れてしまったそうですが)
その他、本格的なアクションにも初挑戦!
キレイなお姉さんは華麗なアクションでも魅せてくれました。
comments(0), -, - -
公演後のキャスト紹介その5
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
どんどんいきますよー。
次もヒトチームです。

名付けて、ザ・ナチュラルブラザーズ!!(笑)
ライト役:藤堂瞬(ダブルアップエンタテインメント/劇団6番シード)

急遽の参戦にも関わらず、1日でセリフと動きをほぼ全部覚えてきてくれました。
自分の夢に向かってどこまでもまっすぐで純粋で、実は弟思いのいいお兄ちゃんを見事に演じたしゅんさん
ちょっぴり天然なところも、その爽やかステキスマイルでオールOKです


レフト役:市川雅之(X-QUEST)

若作り・・・もとい、役作りの為に長年伸ばし続けてきたフワッフワロン毛をバッサリ切って挑みましたLeeさん。
最年長ですが、弟です。誰が何と言おうと弟です。
なのに髪の毛の話題になるとシロガネに注視された弟です。(苦笑)
comments(2), -, - -
公演後のキャスト紹介その4
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
続きましては最近、外見が似てきたこの2人。
ミドリ丸役:トクナガヒデカツ(X-QUEST) 

稽古でずんさんにコンジキの殺陣を教えていたトクさんの一言。
「わぁ。こっちの方がしっくりくる♪」
・・・そりゃあそうでしょう。過去2回あなたがやってた動きですから
立ち廻りでは、いつも芯(斬る役)をやっているトクさん。
今回、ものすごく久しぶりに絡み(斬られ役)をやってすごく楽しそうでした。
OPの黒服での断末魔も誰よりも嬉しそうに「うわぁー!!」って叫んでましたしね。(笑)


スケザ役:清水宗史(X-QUEST)

最近すっかり「頼れる男」と呼ばれるタカシさん。
それは千秋楽で起きたまさかのハプニング。
超重要アイテム、妖刀オニギリが根本からポッキリ折れまして。
ヒヤヒヤしながら見てたんですが、それをナイスフォローでスペアと交換したのがタカシさんでした。
お主、なかなかやるな
comments(3), -, - -
公演後のキャスト紹介その3
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
地震すごいですね
皆様、ご無事ですか?!
まだまだ続くこのブログでちょっとでも元気になれるのなら幸いです。

さて、次のチームはこちら。
 
モモ太郎役:大谷雅恵

このキワモノチームを率いるリーダー!
リーダーどころか、衣裳的に「レディース総長?」なんて言われもしてましたが
まぁしぃさんには今回、殴られたり、投げられたり、はたかれたりと、おそらく他所ではしないであろう経験をたくさんしてもらいました。
容赦ないっすね。X-QUEST。


イヌ役:大野清志

役者としての新境地開拓となったきよしさんです。
私はもう、この方の登場シーンが大好きでして
モモ太郎の鼻歌が始まっただけですでにニヤニヤしてしまいました。
オカマキャラでありながら、時折見せる男らしさがまたステキ


サル役:榊原仁

普通の役よりキワモノキャラをやるのが好き。というジンさん。
ノリノリのモンキーダンスを始め、ホントにすごーく楽しそうでした。
スタイリッシュなモード系でありながら、にこーっと笑った時のかわいい笑顔にキュンキュンしちゃいました。
赤いお尻もラブリー♪


キジ役:富田大樹(BIZARRE)

すっかりみんなのマスコット的存在となりましたとみーくん。
何を言っても何をやっても周りからは男女問わず「かわいい!」の声が。
なにげにほっぺにハートマークを入れてるところがまたみんなの心を鷲掴み
そして今回は振付けも担当してくれました!
和風の世界にロックなダンスで、程よいスパイスを効かせてくれましたね


カニ役:荻窪えき(X-QUEST)

・・・この役はもはやこの人にしかできませんね。
前作よりさらにパワーアップして帰ってきました。
いやぁ、見事なヘッドバンキング(笑)
お供の中で唯一身も心も女性でしたが、女性らしさは他の3人に負けているような・・・。
気のせい?気のせい?!


そして、みなさんの役作りで気づいた事が1つ。
オカマの基本ポーズは常に手が腰より上!(笑)
comments(0), -, - -
公演後のキャスト紹介その2
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
続いては、立ち廻りの多いこの作品の中で最も戦っていたこの3オニ!
別名、キューティクルズ!!(笑)


ハガネ役:結束友哉(演劇ユニット宇宙食堂)

ムードメーカーでみんなのステキなアニキ、結束ジョニーさん。
アクション慣れしている他の2人に追いつけ追い越せと、傷やアザだらけになりながらも守りに入ることなく、常に攻めの姿勢で挑んでくれました。
稽古場でも殺陣以外の色んな技を密かに練習していて「どこで使うんだろう?」と思っていたら、細かいシーンにちょいちょい挟んでました。(笑)
さすがミスターアグレッシブ。

コテツ役:門野翔(激団@emotion)

おバカでどこか憎めないコテツを演じてくれましたしょうくん。
活き活きとしてましたねぇ〜。弾けてましたねぇ〜。
その身体能力の高さから色んな技を魅せてくれました。
そしてオニの衣装と赤い髪が良く似合う!!
怖メイクなのに、なんでそんなにかわいいんだ!


そんな名コンビのオヤビン。
 
クロガネ役:塩崎こうせい(X-QUEST)

初の悪役!!
クロガネとしてはわずかな稽古期間でしたが、その悪役っぷりは秀逸でした。
いやぁ、悪ーい顔でしたねぇ。
オッキーさん用に作られた立ち廻りをほぼ変えることなく引き継いだので、大変な部分も多々あったみたいですが、きっちりばっちりキメてくれました。
しかしながら、カニを殴るシーンが一番感情がこもっていた様に見えたのは私の気のせいでしょうか?

comments(5), -, - -
公演後のキャスト紹介その1
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
そういえばキャスト紹介してませんでした

ということで。
公演は終わりましたが、各チーム毎にご紹介させていただきます。
(写真はすべて稽古時のものです)

まずは今回メインのこの2人。
 
コンジキ役:高田淳(螢疋襯船Д好拭)

トクさんに「オール5役者」と言わせたずんさん。
ホントにねー、なんでも器用にこなすし、なにより魅せ方が上手いのです。
3オニとの立ち廻りではまさに阿修羅でした。
そして、なぜか千住でずんさんといえば、衣装はヒラヒラですね(笑)


「金」とくればお次はもちろん「銀」

シロガネ役:大西小西(X-QUEST)

3年半振りの出演!!
そんなことを微塵も感じさせない、軽やかな身のこなしで活き活きと舞台上を飛び回ってくれました♪
実は今回の再々演にあたり、一番解釈と演出が変わったのがシロガネでした。
過去2回はどちらかと言えば人に近い存在でしたが、今回は真逆。
鬼の怖さ・恐ろしさを強調した演出でして、ポッターさんはその新解釈に楽しみつつ、苦労しつつ見事に新たなシロガネを演じきってくれました。
(・・・デーモン小暮ばりのメイクにはちょっとビビりましたが)

そんな2人をトクさんはこう表現しました。
「演劇デジタル世代」と。

なんか言い得て妙ですね。(笑)
2人とも物事に対する処理速度が速い上に器用なので、どんどん覚えるしどんどんできちゃう。
だからなんでもやらせてみたくなるそうですよ

デジタル世代万歳!!
comments(2), -, - -
光と影
category: 2011『金と銀の鬼2011』稽古場日記
さて、恒例となりました公演後記です。

まずは舞台を美しく彩ってくれた照明。
ちなみに、今回も北千住でしたが照明はx-LIGHTではありません。
おかげで私は観てるだけ〜でした。うふふ♪

いやぁ、実に幻想的で美しい。
しかも!なんと、ムービング(動く照明)を6台もつけていただいちゃいましたよ!!

照明だけは稽古場で見る事ができないので、毎度毎度劇場に入ってから
「どんな風になるのだろう?」
とワクワクするんですが、今回は明かり以上にそれらが作り出す影に感動しました。

初めてですよ。
舞台で人よりも影に魅入ったのは。

まずオープニング。シロガネが1人で語るシーン。
佇むシロガネに光がいくつも折り重なって、八方向に伸びる鬼の影―。
すごい!囲み舞台だからこそできる、恐ろしくも美しいそのシルエット。

そして、コンジキが鬼から人へと戻るシーン。
ツノが取れて人になっていくさまを、四方に伸びた影が強調して切なさMAX!!

もう、鳥肌でした。

しかし!
残念な事に、非常に残念な事に、客席からだとこれらの影が見えない!!
ブースと言う名の特等席からだけ見れるお楽しみでした。

comments(2), -, - -
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.

Profile
Calendar
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
公演情報
QUESTツイッター
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search